大豆と腸内細菌の関係性|解決方法を知る|変形性膝関節症は有効成分配合のサプリを摂取しよう

解決方法を知る|変形性膝関節症は有効成分配合のサプリを摂取しよう

カップル

大豆と腸内細菌の関係性

ウーマン

日本人は大豆が好き

大豆が体にいいと言うことは、古くから言われてきました。特に大豆には女性ホルモンと同じような働きの成分が含まれているために、女性が積極的に摂るといい食べ物だと言われてきたのです。もともと日本食には豆腐や味噌、醤油、煮物など、多くの大豆が使われています。海外の研究者の間では、日本女性の更年期障害が海外の女性よりも軽い、骨粗しょう症率が低いなどと言われており、それが大豆を多く食べる食文化のおかげであるとも言われていたのです。近年、大豆の研究がさらに進み、大豆に含まれるイソフラボンという成分が、体内でエクオールという成分に変わることにより健康に効くということがわかってきたのです。ただ、イソフラボンを体内でエクオールに変えることが出来ない人もおり、大豆を多く摂取したりイソフラボンサプリメントを飲んでも効果が表れないというのはそのためだったのです。

自分の腸内細菌を調べる

大豆に含まれるイソフラボンは、腸内細菌と出会うことによってエクオールに変わります。エクオールを作り出せる腸内細菌を持っている人種は、大豆をよく食べる習慣のある日本人で約半数、大豆を食べる習慣のない欧米人は2割程度であると言われています。大豆が体に良いとわかっていて、積極的に摂取していても、エクオールに作り変える腸内細菌を持っていなければ効果は期待できないのです。そこで、自分はエクオールを作ることが出来るかを知る簡易キットなども販売されています。この簡易キットはインターネットなどでも手軽に購入することが出来ます。もしイソフラボンをエクオールに変えることが出来ない体質だった場合は、エクオールに効果のある乳酸菌を摂取したり、初めからエクオールが含まれている健康食品などを摂取することがいいでしょう。